旅行

【フィンエアーのビジネスクラスに搭乗した感想】北欧雑貨が好きな人は絶対憧れる!

フィンエアー

昨年、フィンランドに出張に行った際、出張費でビジネスクラスに乗せてもらいました!

私的な旅行では、絶対乗ることのない場所なので、テンション高めでリポートします。

 

 

ビジネスクラスのチケット購入

 

今回、私が利用したのは、12月の名古屋~ヘルシンキ便です。

名古屋はもちろん中部国際空港(セントレア)です。

セントレアデート
セントレアでデートしよう!心もお腹も満たされるおすすめ情報を教えます セントレアは、デートのできる空港で有名です。 なぜなら、空港見学ツアーが企画されていたり、愛知(名古屋)の...

 

この時期は、エコノミークラスであれば往復9~10万円程度ですが、ビジネスクラスとなると66万円に跳ね上げ!!

 

れん
れん
高っ!

 

エコノミー6席分、機内食6人分!

 

れん
れん
こんな値段出して海外に行く人が世の中いるのねぇ。
こんな高い金を出してわざわざ社員を海外に行かせる会社があるのねぇ。



そう、私の会社です。

 

何度もしつこいですけど、値段をもう一回(笑)

ビジネスクラス:66万円

 

れん
れん
なんだか・・・たいして働かないのに、どうもすみません(笑)

 

 

チェックイン~搭乗手続き

よく海外に行かれる方であれば、ご存知だと思いますけど、チェックインカウンターって、ファーストクラス・ビジネスクラス専用のカウンターがあるんですよね。

 

当然、ビジネスクラス搭乗なのでこちらに並びます。

人も少なく待たなくていいのでラク!

 

当然、あっという間にチェックイン。

空港について約10分でチェックインしてスーツケースとサヨナラしました。

 

そして、手荷物検査と出国検査をさっさと済ませました。

地方の空港ってラク~!

 

 

ビジネスクラス利用なので、空港ラウンジ券がもらえましたので、ラウンジへ。

 

私は PriorityPass 会員なので、普段は スターアライアンスラウンジ(ANA)に行くのですが、今回は さくらラウンジ(JAL)へGO。

(※ PriorityPass は、楽天プレミアムカードに入会すれば、利用することができます。絶対こっちの方がお得!)

 

これ、さくらラウンジの入口です。

 

これは中の様子です。

中の様子

 

・・・一息ついて、ビール飲みます。

 

私が座った席から見る外の様子は、こんな感じ。

外の風景

 

 

れん
れん
はて、落ち着かない。外の景色見えない。。。

・・・出て行こう! 

 

ってことで早々に見切りをつけて、さくらラウンジを去りました。

さくらラウンジのようなアダルトな世界で背伸びせず、馴染みのスターアライアンス(ANA)のラウンジへ。

 

 

スターアライアンスのカウンターで受付。

そして中へ入ります。

スターアライアンス

 

うん、いつもの光景です。

れん
れん
 飛行機が近くに見える!広い、キレイ、オシャレ、快適! 

 

やっぱ、スターアライアンスラウンジ落ち着くわ~なんて思いながらビール飲む、白ワイン飲む、赤ワイン飲む・・・これを繰り返しました。

その結果、酔っ払う(笑)

 

さて、グータラしてたら搭乗時間がきたので搭乗口へ!

 

 

フィンエアー搭乗~離陸

 

ビジネスクラスは、搭乗口でも優先的に飛行機に乗せてくれます。

なんて快適なんだ~!

 

私はいつもエコノミーで海外旅行に行くため、優先搭乗なんて体験したことがあまりないのです。

しかも列に並ぶのも嫌いなので、最終案内のときに駆け込んでいつも搭乗しているのです。

そんな人間が、真っ先に飛行機に乗せてもらえるなんて幸せだなぁ。

 

搭乗するとスッチーさん改め、キャビンアテンダント(CA)さんが満面の笑みで迎えてくれました。

体格の良いおばさん(アラフィフ?)

れん
れん
私はフィンランド=金髪の美女!と勝手に想像していたようです 

 

 

自分の席を見つけ写真をパシャリ。

その時の写真がこれです。

 

れん
れん
  おー!完全に一人!自由な時間~!

 

テンション高めで席で荷物をごそごそしていと、CAさんが「コート預かります」みたいなことを英語で話しかけてくれました。

エコノミーなんて、コートを上の棚に押し込んだりして、なんとか収納しているのに「別世界やな~」としみじみ。

 

席に座りについて、愛用のFireタブレット、スマホなどをいじっていると、再びCAさんが登場。

「お飲み物は何になさいますか?ウエルカムシャンパンもございます」みたいなことを英語で話しかけてくれました。

私の英語ヒアリング力はきわめて弱いので、正確ではないかもです。あしからず・・・。

私は「シャンパン」をお願いしました。

 

私の分際でもシャンパンが飲める・・・

はい、そこがビジネスクラス(笑)

 

 

そりゃ、テンションあがりますよね!

エコノミーなんて席に着くなり「シートベルトしろ」だの、「出ているペットボトルをしまえ」だのウルサイのに。

 

CAさんが持ってきてくれたシャンパンはイッタラのグラスでキラキラ泡を散りばめていました。

写真では伝わらないかもですが、オシャレーな感じです。

 

このイッタラのグラスは、「Ultima Thule(ウルティマツーレ)」というシリーズのグラスだそうです。

 

「ウルティマツーレ」とは、「日が沈まない、氷と雪に閉ざされた極北の島」という意味。

フィンランド人 彫刻家のTapio Wirkkala(タピオ・ヴィルカラ)が、ラップランドというフィンランドのリゾート地の氷が融ける様子にインスピレーションを得てデザインした作品だと言われている。

 

ビジネスクラスに乗らないと、このグラスでの飲み物の提供はありませんが、エコノミークラスでも機内販売はあるようです。

 

 

今回提供されたシャンパンは、フランス産のジョセフ・ペリエ キュヴェ・ロワイヤル・ブリュットです。

 

アドボケイト誌で、「ドン・ペリニヨン・ロゼ」と並び”BEST3”シャンパーニュに選ばれたのだとか。

めちゃくちゃ香りが良く、辛口ですが飲みやすいスパークリングワインでした。

 

れん
れん
 ビジネスクラスに慣れていない私は、急いでシャンパンを飲みました。もったいないことをしたと後悔しています 

 

そうこうしているうちに、飛行機が離陸~!

さよなら、JAPAN!

 

 

フィンエアー飛行中

飛行ルートは、↑↑↑こんな感じです。

 

離陸後間もなく、CAさんが来て飲み物を聞いてくれました。

もう散々飲んでいた私ですが、こりもせずまたビールを頼みました。

 

提供されたビールは、フィンランドで作られているKARHUというビールです。

クリームチーズのような物も添えられていました。

 

機内の様子はこんな感じです。

れん
れん
普通の平日のビジネスクラスは、ガラガラです 

 

そうこうしているとCAさんが再び来て、食事のメニューのオーダーを取りに来てくれました。

私がオーダーしたのはこちら。

  • 【前菜】サーモン黒胡麻クラスト、帆立焼き、アスパラガスとフェンネルのマリネ
  • 【主菜】牛ほほ肉の蒸し煮 赤ワインソース
  • 【チーズ】ブリー、ブルーチーズ盛り合わせ
  • 【デザート】アイスクリーム

 

前菜・主菜・デザートはそれぞれ3品ほどから選びます。

 

【前菜】サーモン黒胡麻クラスト、帆立焼き、アスパラガスとフェンネルのマリネ

 

【主菜】牛ほほ肉の蒸し煮 赤ワインソース

 

【デザート】アイスクリーム

 

コーヒーカップは、もちろんマリメッコです!

 

 

たくさん食べて飲んだ私はおなかがいっぱいで眠くなってしまいました。

座席を180度倒して、熟睡!爆睡!!

 

れん
れん
私は出張に来ているはず・・・うん、きっとそう(笑)

 

 

少しだけ目が覚めたときに、すかさずCAさんがデザートを持ってきてくれました。

辺りは暗いので、画像も悪いですが、その時の写真がこちら。

れん
れん
 クッキーやケーキを出してくれたけど、私のお腹はパンパンです。もう食べれません! 

 

と言いながら、パクパク食べ続け・・・。

そうしているうちに目も覚め・・・(笑)

 

気づけばご飯の時間です。

これもう何ごはん?昼ごはん?晩ごはん?朝ごはん?

 

 

軽食と言いながら、「牛焼肉丼」をオーダーしました。

右上のスープカップは「ミソスープ」です。

 

もうずっと食べてる。飲んでる。

そして寝てる。

 

こんな王様みたいな生活、いいですね。

 

というわけで、あっという間に約10時間の飛行が終わりフィンランドのヘルシンキに到着しました。

 

まぁ、私はここから国内線に乗り換えてフィンランドの地方の街に行くわけなのですが・・・。

 

 

おまけ(フィンランド到着)

フィンランド国内に到着すると入国審査があります。

 

フィンランドのヘルシンキ空港は日本人には優しいのです。

こちらの写真を見ていただけると分かりますが、EU加盟国と日本人・韓国人は特別レーンを通してくれます。

 

他の国は、入国審査官のいる列に並ばないといけないのですが、こっちのレーンはあっという間に通過できます。

日本人に生まれてよかったと思う瞬間でございました。

 

 

以上、フィンエアーのビジネスクラス体験記でした。

 

フィンエアーって女性のあこがれだと聞いていましたが、その意味が分かった気がします。

グラスやコーヒーカップ、ナプキンに至るまで北欧ブランド(フィンランドブランド)のものたちですし、CAさんも控えめで気配り上手なフィンランド人の気質が出ていましたし。

 

機内食もどれも美味しかった!!

また乗りたいです!

 

れん
れん
今度は、オーロラを見にフィンランド行きたい!!