お金について

30代社会人、お金の勉強をついに始めます|これまでの恥ずかしい金銭感覚も大公開!

先日、こんなことをツイッターでつぶやきました。

 

お金が好きなのにお金の勉強をろくにしてきませんでした。

みんなお金に笑ってお金に泣いているのに、なぜお金の勉強をしないのか?

今さらながらお金の勉強を始めます。

情報の爆買いです。

 

そうなんです。

こんなにお金を渇望しているのに、なぜ私はお金と向き合ってこなかったのでしょうか。

 

ネット上では意識高い系の20代の若者が、バンバン投資やらなんやらをして資産を形成していますよね。

「私も負けていられない!このままだと自宅が橋の下になるぞ!」

ということで、本気でお金の勉強に取り組もうと決意しました。

 

私と同じようなお金オンチの社会人に、読んでもらいたい記事に仕上げました。

一緒に危機感を感じてください。

 

 

これまでの私の金銭感覚

お金事情

子供の頃

私は、普通のサラリーマン家庭に育ちました。

平均レベルの家庭です。

 

ただ、じいちゃんが不動産関係をやっていたこともあり、お年玉はハンパなかった記憶があります。

小学生なのに5万円くらいくれました。

その他親戚からもらったお年玉とかもあわせると10万円くらいに!

もちろん・・・そのお金は両親に没収され、貯金。

 

私の通っていた小学校では、毎月1回銀行員の人が来て預金を預かってくれるというシステムがあったので、小学生のうちから「貯金をする」という習慣ができました。

コツコツ貯めれば、預金は確実に増えるという感覚を持ったのはこの頃です。

 

私は田舎育ちのため、お金を使うのはもっぱら駄菓子屋。

 

欲しい物もバットやグローブくらい。

もちろん自分では買えないので、誕生日に両親に買ってもらいました。

 

そんな感じで、高校生ぐらいまではあまり物欲がなかった為、お金に困ることもなければ特に欲しがることもない、普通の子供時代でした。

 

友人
友人
その物欲のなさが子供らしいじゃん。それでいいんだよ、それで!

 

 

大学生

高校を卒業すると、一気に物欲が増えました。

「あの服欲しい、この靴欲しい、あれも欲しい、もっと欲しい」・・・物欲オバケです。

それに海外旅行に行きたい、遊びたい・・・そんな感じでお金はいくらあっても足りません。

 

だから、バイトしてお金を稼ぐしかないと思い、学校が終わった後バイトを始めました。

 

時給800円のバイトをし月5万円稼⇒金使う⇒金がもっと必要⇒時給2000円のバイトもかけもちする⇒月10万稼ぐ⇒使う⇒もっともっとバイトを入れる

 

こんな感じで、稼げば稼ぐほどお金をどんどん使ってしまうという負のループに陥りました。

クレジットカードも使って買い物していた為、バイト代はクレジット料金払いに全額取られ・・・。

 

つまり、大学生の私は貯金とは無縁。

むしろ散在してしまう典型的なダメ学生でしたね。

 

 

社会人

自由奔放だった学生時代から一転、社会人のステージに入るとお金がない生活になってしまいました。

 

給料から家賃等の必要なお金を引くと、使えるお金は月にたったの2万円。

これでは貯金どころではありません。

 

1年くらい考えた結果、この先も給料が上がる見込みがないと見切り、会社を退社。

給料の高い会社を目指しました。

 

私がようやく貯金をできるようになったのは、今の会社に入社してからです。

とはいえ、財形貯蓄で強制的に貯めているだけで、その他の資産運用なんてことはしていません。

 

毎年3回くらいは海外旅行に行ってましたし、毎週末飲みに行くという生活を30代半ば頃まで継続。

 

れん
れん
まぁ、人並みに貯金できてるからいいかな

こんな軽い気持ちでずっといましたね。

 

しかし、「自分でビジネスを起こすぞ!脱サラリーマンするぞ!」と考えるようになってからは

れん
れん
もっと金ためないとヤバイ!!!

と心の変化が起き・・・。

 

なぜお金の勉強を決意したのか?

勉強決意

なぜお金の勉強を決意したのか?

3つの理由を説明します。

 

①人生100年時代が到来

「LIFE SHIFT」という本に感銘を受け、将来をしっかり設計しないとマズイという危機感を持ちました。

この本では、「100年を生き抜くために必要なこと」が書かれています。

100年も生きないだろ?と思う人もいるかもしれませんが、リアルに他人ごとではありませんよ。

平成生まれの子たちの平均寿命は100歳くらいと言われています。

 

シンプルに言うと、

60~70歳でリタイアしたら、その先約30年。

金も人脈も生きがいもなくてどう生きるの?

という内容が書かれています。

 

想像できますか?

 

私は、今の生活が不安になりました。

このまま普通にサラリーマンを続けて、スキルがないまま放り出されたらどうしよう・・・と。

 

だから、「お金を準備しておかなければ!そのためにはまず、お金のことを知ろう!」という気持ちになりました。

 

LIFE SHIFTについては、内容が良すぎなので別の記事にて紹介したいと思います。

たくさんの人にぜひ読んでいただきたいです。

 

 

②自由な時間を過ごしたい

私は、平日は会社で働いています。

だから自由に時間を使えるのは、平日の朝・夜、そして休日だけです。

 

「当たり前だろ?」と思う人もいますが、この世では自分で時間をコントロールしている人がいるのです。

 

同じ時間に起き、同じ時間に同じような服着て会社に行く。

こんなサラリーマン生活に疑問を持ってしまいました。

 

きっかけは、この2冊の本。

【中古】 自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと /四角大輔【著】 【中古】afb

「週4時間」だけ働く。 9時ー5時労働からおさらばして、世界中の好きな場所 [ ティモシー・フェリス ]

created by Rinker

 

会社に通うという生活を当たり前のように感じていた私は、かなりの衝撃を受けました。

 

「たった一度の人生、自由に暮らしていいんだ!」

そう思ったわけなのです。

 

そのためには、暮らしていくお金は必要です。

そのため、このような目標を立てました。

短期でお金を貯める

そのお金を投資して増やす

不労所得(配当金)で生きる

やりたいことについては、こちらの記事でもまとめています。

「読んでやってもいいかな~」という方は、ぜひお読みください!

やりたいことリスト
やりたいことのリストを作ってみた!160個達成に向けて死ぬまで頑張ります「自分の力で生きていきたい!」 そんな望みを持った私は、さまざまな本を読み漁りました。 そんな折、「自分の人生にレバ...

 

 

自由になるためには、お金は絶対に必要です。

生活資金を何とかして確保しなければいけません。

 

節約するにしろ投資をするにしろ、まずは勉強でしょ!ということです。

 

これが2つめの理由です。

 

 

③人として学ばなければいけないこと

何をするにも、結局お金が必要です。

きれいごとを並べることはできますが、やっぱりお金がないと生きていけません。

お金は子供のころから慣れ親しんで(?)いますが、学校では教えてくれません。

自ら学ばないとそれ以上のことは学ぶことができないのです。

 

なんとなく「お金のことを考えると悪だ」と思ってきてしまっていた私。

しかし30代半ばにして、一生ついて回るお金について、知らないということに違和感を感じてきました。

 

人として学ばないといけない、大事なことだと思います。

 

 

お金の勉強はここから始めます

勉強

お金の勉強って何やったらいいの?ということで、ネットの情報を漁りました。

そしたら、いきなり「株」やら「ビットコイン」やら「インデックスなんちゃら」やら・・・なんだか難しそうな言葉ばかりが並んでいます。

れん
れん
そんなに難しいこと言われても、バカな私にはさっぱり分からない!

 

ということで、「自分で勉強するしかないな!」と奮起し、お金の初心者向けの本を買いあさりました。

 

まずは、本を読んで自分の知識をどんどん増やしていくこと、そしてその知識を人に説明できるレベルまで到達することを目標にやってみることに!

 

別の記事にて、「まず始めに読んだ本」を紹介します!

近日公開!

 

これからの取組み

取り組み

まず、お金の初心者から脱出できるレベルになりたいです。

そして、お金に支配されるのではなく、お金を支配する立場になりたい!!

 

このブログでは、こんな私の「お金奮闘記」を都度更新できたらいいなと思います。

お金に対する取組み方も変わっていきたいと思いますので、その成長っぷりをみなさんに見ていただけたらと思っています。

 

では、お金に悩んでいる方、将来に不安を感じている方は、ぜひ一緒にスタートして行きましょう!