お金について

楽天証券20周年記念セミナーに参加!投資初心者向けに講演内容をまとめてみた

楽天証券

2019年10月5日に行われた、楽天証券20周年セミナーに参加しました。

私は東京から2時間かかる地方住まいですが、参加券に当選しましたので早速出かけることに!

私はこのような証券会社のセミナーは、実は初めてなのです。

ドキドキ・・・。

https://twitter.com/tabisuru_ren/status/1180284409817100288

 

場所は「グランドプリンスホテル新高輪」の飛天の間。

 

飛天の間は初めて踏み入れる場所でしたので、私はワクワク!!

れん
れん
FNS歌謡祭のとこだよね!安室ちゃんがブチ切れしたとこだよねっ!( ←余分な情報)

 

てことで、一人で場所に感動・・・。

そんなことはどうでも良いので、早速内容を紹介します。

 

 

スケジュール

この日のスケジュールは、この通りです。

れん
れん
竹中平蔵さん、杉原杏璃さんなど・・有名人がいる!これで無料はステキ(笑) 

 

講演内容

順番に講演内容を記していきます。

私の覚書のような感じになりますが、共有します!

 

令和元年を迎えた日本経済の行方:竹中平蔵氏

今回のセミナーで最も楽しみにしていたのが、この竹中さんの話です。

期待を全く裏切りませんでした。

 

多様な話を時間きっちりに終わらせる話術、マジでさすが!

こんなに身の詰まった面白い講演ははじめてです。

 

日本の厳しい現実を見つつも、希望ある未来の話を織り交ぜながら本当に楽しい時間でした。

 

竹中さんの講演時は全て席が埋まっており、この日のはじめにして、一番の注目度です。

 

  • 国民の資産は1800兆円。全国民が1%運用すれば18兆円。これは5%に相当する
  • 今回の内閣は、次期総理大臣候補が全員閣僚に入った。注目内閣!
  • 令和という時代はリスクがすごいが、チャンスも多い
  • GAFAは全て移民の子
  • 日本はやっと去年に移民法が制定されたばかり
  • 日本の労働時間は20%減、貯蓄率は3~4%⇒スペインと並んで最も低くなった
  • 平成の間で1000個の法律ができており、ものすごく世の中は変わっている
  • 平成の間で都市開発はものすごく進んだ
  • これからの時代のファクター⇒①AI(人工知能)、②ロボット、③IoT、④ビックデータ、⑤シェアリングエコノミー
  • ビックデータを使ったデジタルマーケティングも活用されている
  • アリババがビックデータのシティシステム化を既に発売されている
  • 広州市ではこれにより、交通渋滞緩和、救急車到着時間半減などの効果が出ている
  • 東京もスマートシティー(都市管理全体がデジタル化)に向けて進めていく
  • パーツパーツで持っている高い日本の技術が活きてくる時
  • 補正予算に今後注目して欲しい
  • IR(カジノ)+スーパーシティに向けて、大きなリスクもあるが大きなチャンスでもある

平成の教訓 改革と愚策の30年 (PHP新書) [ 竹中 平蔵 ]

created by Rinker

日本につけるクスリ [ 竹中 平蔵 ]

created by Rinker

 

令和時代の日本株投資戦略:窪田真之氏

続いては、楽天証券経済研究所 チーフ・ストラテジストの窪田真之さんによる、「日本株投資戦略」でした。

 

冒頭は、昭和~平成~令和のそれぞれの時代について経済の動きを解説。

その後、今後の日本経済の状況について話してくださった後、注目株についても説明してくれました。

 

私は、どんな株が良いのか悪いのかも全く分からない超素人な人間なのですが、分かった気になってしまうような素晴らしい話ばかり!

 

日本経済を悲観的に見ていましたが、回復する見込みがあるとのことなので楽しみです!

その時までに、いくつかの日本株を持っていたいと思います。

もちろん配当金が高いものを・・・。

  • 令和の時代は、良質なサービスが恒常的に不足⇒良質なサービスを安価に大量供給する企業が成長
  • AI、IoT、ロボット、5Gなどに注目
  • 基本的に、株は景気悪くなったら「買い」、景気が良くなったら「売り」
  • 2020年4月頃から、景気は回復に向かうと予測
  • 景気が良くなる半年~1年前が底値になると予想
  • 米中貿易戦争は、アメリカ選挙で一旦休止になる見込み⇒IoTなどに投資が進み景気上昇と予想
  • 2020年は半導体株が復活と予想
  • 半導体株は、他の株より早めに流れが起きている
  • 半導体は終わっていない。AI、IoTなどの開発でニーズは増えどんどん成長する
  • 令和の時代は、バリュー株(堅実な株)をベースに、グロース株(当たり外れが大きい株)を組み合わせると良い
  • JT(日本たばこ産業)は株価は下がっているが、配当利回りはずっと増やし続けている
  • JTはアイコスより劣っているが、対抗する商品も開発されている。たばこは今後も値上がり続けるため、利益を十分にカバーできる。さらに海外買収も積極的であり、長期投資としては魅力的。

【まとめ】

・日本株は「買い場」、2020年回復見込み

・グロース株、バリュー株に分散投資

【中古】 投資脳を鍛える! 株の実戦トレーニング 投資脳を鍛える! /窪田真之(著者) 【中古】afb

『中古』負けない株式投資—トップファンドマネジャーが教える

 

 

いま中国で何が起こっているのか:加藤嘉一氏

昼休憩一発目は中国の話。

しかし食いしん坊な私は、ゆっくりと昼食をとっていたため、この講演は途中参加となってしまいました。

 

しかも、昼直後で睡魔に襲われ・・・

私のメモ帳は、ミミズがはったような模様がついており(泣)

 

加藤さん!ごめんなさい!

聞く気はあったんだよ!

 

というわけで、「中国は香港と台湾と仲良くやっていきたいという気持ちがある」ということはよく分かりました・・・。

す、すまん・・・。

 

習近平はトランプをどう迎え撃つか中国の世界戦略と日本の針路【電子書籍】[ 加藤嘉一 ]

created by Rinker

 

生産性の向上について:デービッド・アトキンソン氏

続いては、デービット・アトキンソンさんの登場!

データに基づく持論を展開。

 

外国人ということもあり、日本の古臭い考え方を持った重鎮たちには、なかなか受け入れ難いような話もあったが「なるほど」とうなづける内容がたくさんあった。

 

かつて、本を途中で読み終えてしまったが、今ならもう一度読んでみたいと思います。

  • 2060年までに先進国の人口は11%増加するが、日本はものすごい勢いで現象⇒短期間にこれだけ急激に減少することは未だかつてない
  • 世界第2位の経済大国になったのは「勤勉」「技術力」「手先の器用さ」と言われているが、そんなこともない⇒技術力とかではなく、単純に「人口が多かった」だけ
  • このままでは人口が減少していくだけ。生産性をアップさせないとマズイ
  • 1990年から生産性は何も変わっていない
  • 日本の生産性は28%。シエスタ文化のあるイタリア、スペインの生産性と変わらない
  • 人の能力、企業の競争力はそこそこ高いのに、生産性が低い⇒こんなにギャップのあるのは日本がトップ
  • 生産性向上を実現するには、今までと違うことをやり、設備投資もして社員教育をすることが必要
  • 歴史を振り返ってみると、1964年から非効率化になった⇒理由:「中小企業基本法」ができて大型投資などがしにくくなってしまった
  • 最低賃金と生産性には強い相関がある
  • つまり賃金を上げれば生産性は高くなる
  • 中小企業を合併させ、企業の規模を大きくし賃金と生産性を上げていくこと
  • 合併は悪いことではない。社長がクビになればいいだけ。跡継ぎは不要!

日本人の勝算 人口減少×高齢化×資本主義 [ デービッド・アトキンソン ]

created by Rinker

デービッド・アトキンソン 日本再生は、生産性向上しかない!【電子書籍】[ デービッド・アトキンソン ]

created by Rinker

 

 

七転び八起きの投資術:杉原杏璃氏、藤野英人氏

司会の人が藤野さんと杉原さんにそれぞれ質問していくスタイルで進行していく為、

退屈にならずに聞けました。

時おり、含んだ言い方をしていたので、すごく気になりましたが・・・。

たぶん株に詳しい方は、ピンときた銘柄だと思いますが・・・ww

日本株を中心とした話でしたので、あまり株に詳しくない私はポカ~ンとしてしまいましたが、

株への向き合い方などが聞けてよかったです。

  • ゲーム株は不況の時に良かったりする
  • 2040年に突き抜けるベンチャー企業がある
  • 不動産×AIに注目!

 

すみません、私のメモにはこれしか書いていませんでした。

杉原さんの本を読んでみようと思います。(予習していけばよかった・・・)

株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門 (単行本) [ 杉原杏璃 ]

created by Rinker

 

藤野英人さんの「投資家がお金よりも大切にしていること」は私の好きな本です!

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書) [ 藤野 英人 ]

created by Rinker

 

 

2019年後半に向けての米国経済・株式相場の見通し:堀古英司氏

この講演を聞いた後、すぐにアメリカ株を購入した単純な私。

「バブルに備えよ」なんて聞いたら、備えるしかないでしょっ!

そもそもバブルというものをギリ知らない世代ですが・・・。

  • 分散せずに長期的にリターンがあるところに投資すること
  • 株式上昇に必要なもの=経済成長に必要なもの=人口増加
  • 40~45歳の人口が重要
  • アメリカはミレニアム世代がこれから控えている(ちょうど今25歳くらい)⇒アメリカ最大の人口世代
  • 現在、アメリカでは「株価は上がっているのに、投資家が評価していない」状態が続いている
  • 買いどきなのは間違いない
  • 大統領選挙が2020年11月にある⇒選挙は株価に好材料

<アメリカバブルに備えた戦略>

①バブルが始まる前にしっかり買っておく

②安易に利食わない

③株価収益倍率の高い銘柄も買われる

④空売り比率の高い銘柄は踏み上げられる

 

株価収益倍率 長期成長予想 PEGレシオ
フェイスブック 16.3 19.4% 0.8
アマゾン 39.4 44.3% 0.9
マイクロソフト 24.7 10.5% 2.4
アルファベット 19.6 12.9% 1.5
アリババ 21.7 22.6% 1.0
S&P500平均 16.2 8.8% 1.8

 

れん
れん
私は、帰宅して早々・・・アマゾンとアリババ株を購入!

バブルよ、早く来い・・・(笑)

 

リスクを取らないリスク [ 堀古英司 ]

created by Rinker

 

 

証券会社のセミナーは初めての経験でしたが、非常に分かりやすくタメになりました。

 

こういう講演があればまた参加したい!

ということで、私の住む地方でも早速講演があるので参加します。

 

とはいえ・・・都内の人うらやましい・・・。

まぁ、私も地方とはいえど、すぐにいける距離ですけども・・・。

 

「お金のことはよく分からないけど、なんだか興味がある」という人は、気軽にこのような初心者向けのセミナーに行くのもいいですね!